Flower50’

クルマの購入はフラフラせずに一点買いすれば、値引き幅は大きくなるの巻

更新日:

こんにちは、Flower50’です。
みなさんは自分が買った(乗った)クルマをすべて覚えていますか?
Flower50’が初めてクルマを買ったのは20歳の時でした。新車なんて買えるわけもないので、向かったのは中古屋さん。その頃は横浜に住んでいたため(地元ではない)、トヨタ系のところに行きました。あれこれと迷うタイプではないため、欲しいクルマまっしぐら!あとは中古なので、あるか否かだけが問題。狙っていたのは、カリーナED。当時は結構人気のある車種だったので、品薄だったのですが一台だけありまして、約1時間ほどで購入しました。

実は、その時に対応してくださった営業の方が、あっさりと買ったせいか、いろいろと教えてくださり、2台目以降のクルマの買い方が激変することになります。

まずは、優先順位1位の車種を目指していく。販売価格の相場や値引き幅を調べておく(当時は雑誌が頼りでしたが、いまはネットがあるので便利ですね)。
他のメーカーに見積もり依頼したりしない(してても、そんな素振りは絶対に見せない)。実印を用意する。印鑑証明を取っておく。頭金を10万円ほど持って行く、ということでした。
実際、2台目はホンダのインスパイア(新車)に狙いを定め、教えられた通りに準備をしてディーラーに向かい、担当してくれた営業さんに、


(1) 欲しい車種・グレードを伝える
(2) 予算の上限を伝える(希望値引きを踏まえて)
当然、営業さんはしぶるのですが、
(3) 実印・印鑑証明・頭金を持参している旨を伝える
すると、支店長が登場してくれました。「他社のクルマで検討されているものは?」と聞かれたので、「インスパイア以外は考えていません」と答えると、当時どの雑誌を見ても5万円値引きしてもらえたら、上出来と書かれていたところを「わかりました。営業の手間などを考えたら、30分でご結論をいただけるのは大変ありがたい。ご希望の価格にします」と。
ただ、ここで終わってはいけませんよ。手続きの書類をすべて書き終えて、捺印のタイミングで「数万円程度のオプション」をお願いしましょう。きっと「サービス」とひと言添えてもらえます。結果として、この時は正価から50万円値引きしてもらえました。でも最後に支店長から「くれぐれも値引き額は他言しないでください」とお願いが・・・笑

昔だから実現したと思われるかもしれませんが、まったく変わっていないと思います。その後、BMW325i、マツダのプレマシー、スズキのアルト、スズキのKeiとしっかりとした値引きを獲得。※結婚したため、車種は寂しいですが・・・で、3年前のこと。中古でBMW116iを買った時のことです。

ネットで探していると、3年半落ちの走行距離9,000キロ弱の物件(130万円)を発見したのです。一応、会社名義での購入だったので、メンバーを引き連れて外車専門の中古屋さんへ。この時はさすがに印鑑証明は準備できませんでしたが、実印はしっかり持参。買う気満々で会話をし、クルマを見て10分。メンバーに「買うけどいい?」と聞くと、「いや、ミニカーだって10分じゃ買わないですよ」と言われてしまいました・汗。でも性格的にだらだらできず、店長さんに「いま買ったら、いくら引いてもらえますか?」と聞くと、「は?即決ですか?」と。すると、もろもろの諸経費をひっくるめて、20万円ほどの値引きに成功。つまり、ほぼ諸経費分が浮いたことに。メンバーは唖然としてましたが、この買い方はしっかりと学び、活かしてくれたようです(笑)

というわけで、クルマの購入・買い替えを検討されている方は、ぜひ真似してみてください。



ランキング参加中!応援よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

-Flower50’