Flower50’

認知症は本当に怖い!⑤

更新日:

こんにちは、Flower50’です。

 

親父が入院していた時のこと。実は、認知症と診断される前に、大腸ガンが発覚していました。その時の外科の先生の一言が、認知症検査に行くきっかけだったのですが、まだ重度ではないということで、普通の外科病院に入院し、手術をする予定でした。しかし、その病院は手術をする前に退院することになります。何が起きたかというと、深夜に病院を逃げ出し、警察に保護される事件(家族にとっては大事件。犯罪は犯してません)が起こしたのです。結局、病院から「うちでは受け入れられない」「精神科を併設している医療機関へ行ってください」と紹介状を渡されました。

で、行った病院で手術をしたのですが、術前は家族交代で病院に泊まりました。Flower50’が担当の日のことです。親父が何やら訳のわからないことを話し始めました。私に向かって、「そろそろ帰るのでタクシーを呼んでくれ」「今日は持ち合わせが無いのでツケで」。病室にいるのですが、どうやら昔通っていた小料理屋にいるつもりらしいのです。受け入れなきゃいけないとわかっているものの、「は?」となってしまいました。すると、看護師の方に向かって「おかみさん、大将が帰してくれん。どうにしかしてくれ」と。もう看護師さんも混乱ですよね。今にも暴れ出しそうな雰囲気だったため、ドクターの判断で鎮静剤を打つことになったんですが、「あなたは象ですか?」というくらい効きません。何時間経ったかもわからない頃に、やっと寝てくれたのですが、翌日同じことが起きました。この日は奥さんが担当してたのですが、彼女がとった行動は。「お義父さん、帰ろ帰ろ」と、病棟を一周、二周・・・すると、親父が「疲れた。少し寝る」と。認知症を受け入れていないのは、Flower50’の方だと気づかされました。

あたまの健康チェック

ちなみに、親父は大腸ガン手術で人工肛門になったのですが、入院中に誤嚥で亡くなりました。もし認知症のまま、人工肛門の生活をしていたら・・・考えるだけゾッとします。親父の症状を知っていた親戚(親父の兄弟)は「あんたたちに迷惑かけたくなかったんだろ」と。




ケンコーコム

認知症は本当に怖い!④

こんにちは、Flower50’です。   いろいろと思い出してきたので、またまた認知症関連ネタで。   今回のは、近所の人の話。一人目は、小学校時代の友人の親父さんです。もうずいぶ ...

続きを見る



ランキング参加中!応援よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

-Flower50’
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 男たちの心とあそこの健康を考える会 , 2017 AllRights Reserved.