Fish20’

【Lightroom編】デジタルでフィルムを表現する

投稿日:

こんにちは。Fish20’です。
唯一の趣味がカメラでして、休みの日は愛機を片手にパシャパシャと街ブラをしています。
所持機はデジイチですが、あえて"フィルムっぽく"普段は仕上げています。こんな感じ。

このノスタルジックな感じがたまりません。

もちろん、普通に撮っただけではこうはなりません。基本的にRAW設定でF2.0以下の明るいレンズを使うことが大前提で、写真編集ソフトのLightroomを使います。今回はこの長崎県島原の町並みをフィルムっぽく再現してみたいと思います。

まず、元画像を用意します。

細かく色を入れていくのでRAW設定をしておいてください。

次に色表現をいじります。

「色温度」は基準よりもすこし青みを強めます。日中なので4500〜5000くらいにしておきましょう。
よりフィルムっぽさを出すために「色かぶり補正」をグリーンに-15程度程度寄せます。
全体を明るくするために「露光量」を上げていきます。やりすぎると白とびしまくるので、0.5〜1.0程度でいいでしょう。
「コントラスト」を+10,「ハイライト」を+40,「シャドウ」を-30,「白レベル」を-20,「黒レベル」は動かさなくていいです。

次に彩度です。
海とか空とか、青みを強めたい時には上げまくるんですが、フィルム感を出すにはやや弱めの設定がいいと思います。
最後に周辺減光を少し減らします。

完成

いかがだったでしょうか。フィルムカメラも欲しいんですが、コスパや効率を考ると、、、あえてのデジタルでフィルムを表現しているFish20’でした、
(VSCOというプリセットを使うと一瞬でできちゃうんですが、その話はまた次回・・・!)

【Digipri(デジプリ)のフォトブック】



ランキング参加中!応援よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

-Fish20’

Copyright© 草コインチャレンジ , 2018 AllRights Reserved.