North30’

閑話休題:納豆をつくる

投稿日:

私は、料理が好きです。
最近はまっているのが、納豆づくり。
好き嫌いは分かれるでしょうが、
納豆づくりは、発酵食品の中でも簡単な方で、
大した手間もかかりません。

そして、作るたびに納豆菌の力強さに
驚かされてしまいます。


・100℃で煮沸しても死なない
・人間の致死量の3000倍にあたるガンマ線量を照射されても死なない
・納豆菌は栄養源が無くても、100万年以上生きられる
・可能性は否定できないものの、真偽は分からないとのこと。
・真空にも耐えられる
・納豆菌は凍結乾燥(真空状態)で保存可能。
・宇宙空間でも生存する 

真偽のほどは、定かではありませんが、
納豆菌は宇宙からやってきて、地球を侵略しようとしている
菌かもしれないという噂があるほど。

ちなみにすでに日本の食卓は確実に侵略されていますね。
いまや日本食ブームにのって世界への足がかりを着実なものにしようとしています。
おそるべし納豆・・・。

納豆はその繁殖力が旺盛すぎて、納豆を食った直後に
酒蔵に入ってはいけないそうです。
杜氏にいたっては納豆を食べることさえ厳禁!なんだとか。

レシピ
ちなみに納豆づくりの方法ですが、乾燥大豆を買ってきて、しっかりと水で洗い。
大豆の3倍程度の量のお水につけて1日かけて戻します。
あとは圧力鍋で30分ほど加熱。
指で簡単に潰せるほどの硬さになった大豆に納豆菌をぶっかけます。

納豆菌は、市販されている納豆1パックの4分の1程度の納豆に
お湯10CCほどぶっかけて作り出します。
白濁した納豆液を鍋の中の大豆たちにぶっかければ下ごしらへは完成。

あとはヨーグルティアなどの保温できる調理器具の中で、
38度〜45度の温度で24時間〜48時間あたため続けたらOK。
夏場なら日陰に置いておくだけでもできてしまいます。

この時、納豆菌は増殖する際に
空気に触れる必要があるので密封してはいけません。
放っておけば1日経てば大量の納豆ができていますよ。

ただ、即召し上がるのはお勧めしません。
納豆は、繁殖のプロセスでアンモニア臭を放つため、
1日ばかり冷蔵庫で熟成させる方がより美味しくなるでしょう。
すると旨味がぎゅっと詰まった納豆の完成となるわけです。

ちなみに納豆を育てているつもりが、
殺菌をしていないと雑菌が発生することがあります。
納豆が触れる部分は、しっかりと消毒しておきましょう。
雑菌が繁殖している際は、すんごい臭いが発生するらしく
すぐ気付くそうです。
私は失敗したことがまだないので、嗅いだことはありません。

最後に仮想通貨に関連させるならば、、、
仮想通貨も納豆菌の様に増えてくれたらなぁということ。
ちなみに1個の納豆菌は、16時間で40億個に増えるんだとか。
NATTO COINなんて草コインができたら、きっと飛びつきます。


羽アリを見かけたら、問い合わせを!(比較しないと損しますよ)




bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で



納税で毛ガニが貰える!さとふる



ランキング参加中!応援よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

-North30’

Copyright© 草コインチャレンジ , 2018 AllRights Reserved.