Flower50’

オヤジ飯、家族に人気パスタのハナボナーラの巻

更新日:

こんにちは、Flower50’です。

 

最近はつくる機会が減ったような気もしますが

土日はわりと料理をします。

といっても、凝ったメニューはつくれないのですが・・・

パスタや炒め物、鍋がどうしても多くなりますね。

時間に余裕があるときは、餃子をつくったりもします(自分が好きなんで)

 

本日は、私がつくる中で、家族にもっとも人気のあるメニューと作り方をご紹介したいと思います。

ぜひ、チャレンジして、オヤジの株をあげてください・笑

写真の手前に写っているパスタが「ハナボナーラ」です。

ちなみに、後ろに写っている料理も私がつくりました。

左にあるのが「チキンのから揚げのトマト煮」

奥のものが「ナスを生地にしたヘルシーピザ」

右は「イチジクをバジルと生ハムで巻いたもの」になります。

「ハナボナーラ」とは、カルボナーラにインスパイアされた

創作メニューになります。

食べ慣れているせいか、娘は本場・イタリアで食べたカルボナーラより美味しいと言ってくれます。

 

では、「ハナボナーラ」の作り方です。

※つくる工程の写真は一切ありません。ご要望が多ければ、今度撮影してきます。

 

[準備するもの]4人前

パスタ・・・・・・フェットチーネ400g(オーマイの「金のパスタ」を使います)

玉ねぎ・・・・・・1/2個

ほうれん草・・・・一袋

ベーコン・・・・・10cmくらいのブロック

にんにく・・・・・2カケ

クリーム・・・・・雪印のホイップを使います

タマゴ・・・・・・3個

オリーブオイル・・大さじ3杯

塩コショウ・・・・少々

 

[では、つくっていきましょう]

[1]玉ねぎを薄くスライスします。

ほうれん草を短冊切りします。根の部分は半分くらいに切っておきましょう。

にんにくをスライスします。

ベーコンは5mm×5mm幅くらいで細長く切ります。

 

[2]もろもろの準備をしておきます。

まず、たっぷりのお湯を沸かしておきましょう。

パスタ麺を袋から出しておきましょう。

クリームのパックの口を開けておきましょう。

大きめの鍋に、卵黄だけを出しておきましょう。

特に、卵黄は準備を忘れると、仕上げの時にアタフタしてしまいます。

 

[3]フライパンを熱します。

十分に熱くなったら、弱火にし、にんにくのスライスを炒めます。

にんにくがこげる手前までじっくり炒めたら、にんにくは取り出します。

弱火のまま、玉ねぎのスライスを入れ、塩コショウをして炒めます。ほんのりキツネ色になってきたら、中火にしてベーコンとほうれん草の根を入れ、さらに2分ほど炒めます。

残りのほうれん草を入れ、1分ほどしたら、クリームを入れ、弱火にしてフタをしておきます。この時に塩加減を確認し、足りない場合は少しずつ追加してみてください。

麺の茹で汁をソースに少し混ぜたりもします。

 

[4]ベーコンを入れるタイミングあたりで、パスタ麺を茹で始めます。

まずは、大さじ1杯分くらいの塩を入れ、よくかき混ぜます。

金のパスタの推奨ゆで時間は9分ですが、400gの場合、家庭のパスタ鍋だと早い気がするので、うちでは10分半くらい茹でています。ここはもうお好みです。

 

[5]パスタ麺が茹で上がったら、しっかりと湯切りし、ソースとからめます。

 

[6]卵黄の入っている鍋に、からめたパスタを入れます。この時は一気にドバッと入れず、少しずつ入れながら、卵黄がダマにならないように気をつけましょう。

 

[7]パスタ皿に盛り付けて、完成です。

 

下準備込みで、30分もあればつくれますので、このGWに、ぜひご家族・友人に振舞ってはいかがでしょうか?



ランキング参加中!応援よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

-Flower50’
-, , , , , , , ,

Copyright© 草コインチャレンジ , 2019 AllRights Reserved.