North30’

地方にはいい人材が集まらない?(Escape Tokyo)

更新日:

みなさん、こんにちはNorth30'です。
東京から地方への移住を進める求人媒体が新しく創刊されるそうです。
掲載2週間で20万円の金額なんだとか。ほうほう。
まだまだ発信力もない媒体が2週間で20万とは、正直高いように思います。

しかし、求人メディアのスタートアップとはおもしろい。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000030033.html

ただ、その考え方が気に食わないのです。

<社長のコメントからの抜粋>
私(高橋)自身も、東京から千葉一宮に移住しオーベルジュを経営していたのですが、地方にはいい人材が
中々集まらない事を実感。このギャップを埋める仕組みが今まで殆ど無かった事、そして、その情報を
多くの人材が求めている今、地方こそ良い人材と巡り会うチャンスがあり、真の「地方創生」に繋がると
思い、ESCAPE TOKYOを立ち上げました。

<引用終了>

この方は、7回の転職経験はあるそうですが、
リクルートメディアの出筆経験や営業経験はないようです。
レッドオーシャンに飛び込んで、何かをつかみ取れる気でしょうか?

また、地方にはいい人材がいないというのは、
なんとも中央集権的な考え方ですね。地方の企業をくまなく見聞し、
取材したご経験もないのでしょう。

「地方にはいい人材が
中々集まらない事を実感」

こんなことをぬけぬけとプレスリリースで言ってしまえる人が、
地方の企業から求人案件をとってこれるわけがありません。
東京の良質な人材を地方に送り込んでやるんだなんて、本当に思っているなら
このメディアは一瞬で終わるでしょう。なぜなら地方経済を支えている
人たちは、彼が思うように愚かではないし、東京から「地方」と揶揄される土地で
働くことに誇りを持っているからです。

求職者も東京から逃げ出そう(Escape)とすることが目的ならば、
そんな人材は、多くの企業がお断りでしょう。
地方の仕事の方が楽で、東京で培った経験が即戦力になるなんて・・。
もちろん、そういう側面もまったくないとは言い切れません。

しかし、東京のドライな土壌と違って、
例えば九州の営業シーンはウェットです。
価格やサービスだけが決済を左右するわけではないのです。
転職してから思い知る方は多いと思いますよ。

高橋さんという方は、千葉県唯一の村に住んでいるそうです。
とはいえ、関東圏。狭い視野で地方と東京を捉えていらっしゃるのではないでしょうか。

営業所を全国に置く、リクナビNEXTやマイナビ転職には、
地方求人がやまほど掲載されています。
求人意欲のある企業はすでに求人情報を出しているんです。
既存の企業とは違う良質な求人情報群をどうやってつくるのでしょうか・・?

地方の良質な求人を目にすることがない東京の人に、
良質な求人を提供できる存在になるとおっしゃる「Escape Tokyo」さん
今後のご発展と展開が楽しみでなりません。



ランキング参加中!応援よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

-North30’