Flower50’

ラーメンじゃない一風堂の話

更新日:

こんにちは、Flower50’です。
Flower50’が初めて自分の小遣いで買ったレコードは
河合奈保子の「大きな森の小さなお家」でしたが(笑)
ずっぽりとはまったバンドといえば、一風堂です。

たぶん多くの方が、「ラーメン屋?」と思われるかもしれませんが
超売れた「すみれSeptemberLove」くらいは
ご存知ではないでしょうか?

中学生だったFlower50’には刺激たっぷりで
かつ声がたまらなくタイプだったこともあり
以来、1984年の解散までお世話になりました。
もちろん解散後の土屋昌巳のソロ活動はしっかりとサポート?
レコードは購入させていただきました・笑
ちなみにFlower50’のカーナビには
ほぼすべての曲が入っています。

一風堂のバンド名は、
昔渋谷にあったディスカウントストアの店名からとったらしいのですが
その一風堂の名は、現在ラーメン屋さんが引き継いでいます。

(由来まで正しいかは不明です)

実は一番有名な「すみれSeptemberLove」ですが
カブキロックス、SONS OF NICE YOUNG、SHAZNA、メガマソ、多和田えみと
多くのアーテイストにカバーされています。
中でもSHAZNAのIZAMはきっと一風堂がお気に入りだったと思います。
その後、土屋昌巳の「TOKYO BALLET」もカバーしてますからね。

一風堂といえば、土屋昌巳しか頭に浮かばないかもしれませんが
見岳章もなかなかのものなんです。
作曲家・編曲家として、美空ひばりの「川の流れのように」や
とんねるずの「雨の西麻布」やおにゃんこクラブなどにも楽曲を提供。
秋元康とのコンビでヒットを連発されていました。
アーティストとしては、カルチャークラブの楽曲をカバーしたりと
土屋昌巳とは、また毛色の違う活動が魅力的でしたね。

ライブもいったし、いやぁ〜あの頃は楽しかった(言っちゃいけないね)

そして迎えた1992年。
Flower50’は土屋昌巳に会うことになります
Shi-Shonenというバンドのライブに行ったところ
な・なんと目の前で土屋昌巳が話しているじゃないですか!
もう、もう、もぉーーーーでした。
その年はきっとついていたのでしょうね。
その数週間後、渋谷を歩いていたら
立花ハジメにも路上で遭遇

さて、今日は一風堂の曲を聞きながら、ビールを飲もうと思います。
お付き合い、ありがとうございました。

【8月25日出荷開始】[送料無料]博多一風堂 ホットもやしソース300ml×1本、一風堂ラーメンセット[濃縮スープタイプ][赤丸・白丸各3食セット][賞味期限:<ソース>1ヶ月以上、<ラーメン>製造日より30日[発送日より28日以内]2セットまで1配送でお届け[税別]

価格:3,840円
(2017/8/10 11:46時点)
感想(46件)

一風堂『ESSENCE: THE BEST OF IPPU-DO』CD

価格:2,592円
(2017/8/10 11:46時点)
感想(0件)



ランキング参加中!応援よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

-Flower50’