Flower50’

パンダと命名された捨て猫①

更新日:

こんにちは、Flower50’です。

 

今日は、我が家の姫・パンダを紹介します。

どうですか、セクシーでしょ。笑

 

彼女との出会いは17年前になります。

ある日曜日の朝のことでした。

その日は地区の不燃物収集の日(月に一回)。

空き缶や空き瓶、発泡スチロールや電池など

十数種類に分別してゴミを出しに行くと、

おっさんの大きな声がしました。

 

「また猫が生まれとーやないか。

誰か堤にでも捨ててこい」

 

見ると、白黒のまだ生まれて数日しか経っていない

ヨチヨチの子猫が。

 

実は1ヶ月ほど前に飼い猫を亡くしたばかりだったので

迷わず

 

「僕が持って帰ります」と。

 

手のひらにのせて自宅に戻ると

玄関越しに子猫の声が聞こえたのか、

ドアを開けると家族が満面の笑みで待っていました。

 

すぐに動物病院に連れて行き、検査してもらうと

先生から


「ちゃんと生きられるか、わからない。

お乳の代わりになるものをお渡ししますから、

数時間おきに飲ませてみてください」

 

その日から、2週間ほどは

深夜に起きては、飲ませてあげる。

日中も奥さんがマメに飲ませてあげた結果、

無事、心配しなくていいまでに成長してくれました。

 

この春、17歳のパンダ。

まだまだ元気です。



ランキング参加中!応援よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

-Flower50’
-, , , , , , ,

Copyright© 草コインチャレンジ , 2018 AllRights Reserved.