North30’

<真夏のホラー>カツオノエボシに刺されて死ななかった私の話。

投稿日:

こんにちは、North30’です。
夏が来ると思い出す、燦々たる太陽と潮騒、そしてあの激痛を。

私が小学校4年生の時でした。
家族で、長崎の平戸の海に海水浴にでかけることになりました。
平戸の海はそれはそれは綺麗なんですよ。

North一家は、泳ぎが比較的得意な家系でしたので、
結構沖合いまで出て波に揉まれる感覚を満喫していたのを憶えています。

で、父親がさらに沖合に出て私にこっちに来てみろというんですね。
度胸試しのようなつもりだったんでしょうが。
私も負けじとバシャバシャと海水を掻き分けながら父親の浮かんでいる方に向かいました。

そしたら、急に今まで感じたことのないような
強烈な痛みが足を襲ってきたんです。
いやこれが、もう本当に痛い。何かで切りつけられたというか
ギザギザのフォークで再三再四貫かれたかのような痛みでした。

もうわけがわからないくらい痛いので、
ばたばたと海の中でのたうち回りました。
するとさらに身体中にその痛みが広がっていくのです。
もがけばもがくほど、小型の爆弾が体の内部で爆発するような
激痛がとめどなく襲って来ます。

両親はというと、私がまたふざけていると思っているんでしょう。
私がのたうちまわっているのを数メートル離れたところからにこやかに見守っています。

「違うんだ、あんたたちの息子は今、死にかけてるんだっ!」
と思ったかどうかは定かではないですが、
「うがぁっ、痛いっ、痛いっ、あああわぁっっっ」と叫ぶ我が子を見て、
何やら様子がおかしいと思ったようです。

「どうしたんだ?」と近づいてきます。
そうしている間も、激痛は一切治らず、とにかく海から上がらなければ
痛みで失神する、一刻も早くあがらなければ痛みで溺れ死ぬと、
最小限の動きで、私は岸に向かって泳ぎ出しました。

波間を縫う間に貫くような痛みは、
徐々に数千万本の針で体をグッ刺されたような
痛みに変わっていきます。

必死の思いで岸に打ち上げられても体がガクガクと震えて
容易に立つことがかないません。
少し遅れて来た両親がバスタオルで私を包んでくれましたが、
全員何が起こったのかわからず「どうしたんだ?何があったの?」と、
声をかけるばかり。

私といえば、この上なく理不尽な痛みに対する怨嗟を
大声で泣きながら訴えるほかありませんでした。

ともかくも、宿泊予定だった民宿に運ばれましたが、
その感もひどい火傷をしたような感覚が皮膚全体を包んでいます。
民宿に着いたころには、体全体に帯状のケロイドが巻きついており、
顔面の半分も2倍近くに腫れ上がっていました。
お岩さんのような顔といえばわかりやすいかもしれません。

後に民宿の方に教えてもらったのが、
カツオノエボシにやられたのだろうということでした。
カツオノエボシといえば、別名「電気クラゲ」。
死者が出るほどの猛毒を持つ海の中でも最悪のくらげの一種です。
確かに刺された瞬間、家庭用電源では経験できないような
激しい電気ショックが走りました。

クラゲに刺され、電気に感電した史上稀に見る不幸なサバイバーが命名した
名前なんでしょう。でも、暗い海の中でぼんやり光ってそうなイメージがあって
なんだか幻想的。生き物の危険性、深刻性がいまいち伝わって来ません。

私が名前をつけるなら、感電死クラゲ、えぐり刺しクラゲとか火だるまクラゲとか、
とにかくその強烈な恐ろしさが伝わるような名前にしてやりたい。

あとあと調べるとカツオノエボシに刺されると、
その衝撃でショック死する人もいるらしいですね、

クラゲに刺されたらとにかく海から上がる。
で、体についた職種などを手袋やピンセットでとるのが大事だそうです。
触手には、刺胞という針のようなものがついていて、身体に刺さったままですので、
放置していればどんどん毒が回ります。
私の場合、クラゲなんて思いもしませんでしたから、
手で患部をかきむしるようなことになってしまいました。

そのあと、水で患部を洗い流しはしたものの、
本当は、海水でよく洗う方がいいそうです。
真水だと浸透圧で、毒が体内に流れ込みやすくなるんだそうです。

その後、水で洗い、保冷剤などで冷やすのがいいんだとか。
この点は、対処は間違っていませんでした。
だって火傷のようになっていましたから、自然とそういう処置になります。

その年の夏は、身体中に帯状の傷を背負って過ごすことになりました。
すれ違う人すれ違う人、私の顔を見てみなさんギョッとしていましたねぇ・・。
薬を毎日塗ってもらったおかげで、今は傷跡も微塵も残ってはいませんが、
場合によっては死んでいた、そんなひと夏の思いでです。



ランキング参加中!応援よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

-North30’

Copyright© 草コインチャレンジ , 2018 AllRights Reserved.