Flower50’

テレビを終わらせるテレビ局

更新日:

こんにちは、Flower50’です。

 

先日、チラ見したニュースで

とうとう全広告費に占めるテレビCMのシェアが

2017年度にはWebに抜かれると書いてありました。

 

たぶん仮に抜かれたとしても、テレビCMや番組の威力は

当面は強いとは思うのですが、いったいいつまで持つのでしょうか?

若い人の中には、テレビを観ないという人も少なく無いそうです。

ネットで十分楽しめのも事実ですからね。



ずいぶんと前から「テレビがつまらなくなった」という声を

よく耳にするようになりましたが

私の持論では、物申すアホな視聴者が増えたのも原因のひとつだと思います。

 

犯人がクルマで逃走するのにシートベルトをつけたり

画像を挿入するたびに「これはイメージです」とクレジットが入ったり

ちょっとニュースのテロップの漢字が間違っていたらオオゴトだったかのように、アナウンサーが謝罪したり・・・

 

これらはすべてアホな視聴者がつくらせたものだと思うのです。

 

一方、テレビ局にも原因があります。

報道機関として、主義主張があるのはわかるのですが、あまりにも偏り過ぎていたり、

そのせいか、事実を歪めるような切り取り報道をしたり、

ちょっと酷すぎると思うのですがどうでしょう?

 

あとスポンサーですね。

すごい出稿量の企業の不祥事は取り扱いもしない。

あちこちで裁判を起こされていても、平気でCMを流す。

何事もなかったかのように。

 

いまや誰もが、全世界に発信できる時代なんですから

少し立ち位置を見直しても良いと思うのですが。

せっかくの素晴らしい媒体なんですから。




ランキング参加中!応援よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

-Flower50’
-, , , , , ,